最新の法律

ビル

法律の資格取得のために学習した知識について

会社勤めをしながら司法書士の資格を取得しようと、勉強をしていた頃があります。
残念ながら合格することはできませんでしたが、有意義にな学習をたくさんすることができました。
参考書や問題集を購入して自宅学習をするだけでは、学習する科目が多岐に渡っており不足しがちです。
法律についての基礎知識も身についていない状態でしたので、どこか専門のスクールを探そうと検討しました。
最終的には受験をしなければなりませんので、受験のノウハウのあるスクールへ通うのが効率的です。
しかし、当初は専門の受験スクールではなく、大学の聴講生として通ってみたのですが、会社勤めが終わってから夜間の授業に通うのが肉体的にきつかったのを覚えています。
ここで学んだことは無駄ではなく、民放や刑法など基本的な概念を知ることができ、今でも役に立っています。
生活する上でも法律の知識は欠かせません。
民放、刑法の他に一般人として知ってくべきことは、憲法が良いと思います。
資格取得とは別に、知っておくことで視野が広がります。

ビル

身近に感じる法律を知っておこう

法律というと難しいと感じている方が多いのではないでしょうか。
しかし、法律は私たちの身近に存在し私たちを守ってくれている存在と言えます。
日本は厳しい法律の中で安全に暮らしていけるといっても良いでしょう。
例えば、刑法は殺人や窃盗などわかりやすいですし犯罪を犯すと逮捕されてしまいます。
しかし、民法は私たちが生活する上で身近に存在します。
借金問題、人間関係の発言や行動などの侵害問題などがあります。
人間には守られている人権があります。
知らず知らずに人権を侵害していることは少なくありません。
また、民法は訴える方も少なく諦めてしまったり泣き寝入りする方も多いです。
そんな民法を知っているのと知らないのとでは生活する上で大いに違いが出てきます。
法律は難しいですが、民法は私たちの身の回りに関係することなので知っておくと役に立ちます。
その他にも憲法や建築基準法、税法などとたくさんあります。
それらは専門家にお任せしましょう。

当社のサービス一覧

困ったことが起きたら法律のチェックをしよう

法律の資格取得のために学習した知識について

なぜ法律を守らなければならないのか

法律を杓子定規に適用するだけが正義なのでしょうか。